その商材のノウハウが良くても、

きっとあなたは勝てません。

 

 

 

 

「いくつも投資商材を買っているのに勝てない。。」 こんな経験ありませんか? そりゃ、勝てる筈は有りません。 なぜなら、いくつかの原因がそこには潜んでいるからです。 ノウハウが駄目だから? いいえ。違います。 例え、ノウハウが素晴らしくても、 実はあなたが勝てない理由があります。

 

それは、、

1、チャートを見る時間が長すぎる。 そして、、

2、裁量判断が多すぎる。

あと1点は、 サインの精度が悪い。

この3つが主な原因です。 この3つの原因をクリアし、 今話題になっているプロ専業トレーダー御用達のインジケーターがこれです。

 

 

 

プロの専業トレーダーである

FXバカ息子さん(もちろん、ペンネームですよw)は、 多くのプロトレーダーとも親交があり、なおかつ、 勝てない個人投資家の方にもトレードを教えてきた経験を持つ方です。

 

 

そのFXバカ息子さんが言うには、 なかなか勝てない主な理由は、手法がどうのの前に、 多くの方がトレードルールを守れないからだと言います。

 

あなたも経験があるのではないでしょうか?

 

本当はまだ、トレードルールのエントリー条件を満たしていないのに、 待ちきれなくて、根拠の曖昧なエントリーをして失敗したことが・・。

 

何故、こんなことが起こるのか?

 

よくトレードにはメンタルが必要と言いますが、 そんな曖昧な精神論の前に、ルールを守れないもっと根本的な 原因があります。

 

それが、先程ご欄頂いた3つの原因です。 3つは補足的なものですが、、

 

特に1番。 「チャートを見る時間が長すぎる。」 これは致命的です。

どうでしょうか?

例え、そのノウハウが優れたものだったとしても、 トレードチャンスが来るまで、5時間も6時間もチャートの前に張り付いている 必要があるとしたら?

 

はたしてあなたは、その5時間6時間に1度のチャンスを 待つことができるでしょうか? 恐らく、難しいでしょう。

 

結果、条件が合致したポイントではなく、 ルールを破り、自分の裁量を下手に入れたポイントでのトレードをしてしまう。

 

これが、負けを呼び込んでしまう 大きな原因になっているというのです。

 

そしてもう一つが、そもそもそのノウハウに 裁量で判断しなくてはならないポイントが多いということも パフォーマンスが安定しないポイントです。

 

例え経験のあるプロトレーダーでも、 ずっとチャートを見て、常に売りなのか買いなのかを 判断している訳ではありません。

 

常に判断していたら、その時々の感情で、 不安定なトレードになってしまいます。

 

裁量は重要ですが、 なるべくは機械的な仕組み化されたトレードの中で、 最低限に抑えるべきなのです。

 

自分が長くFXで生活するために、 今挙げた点を追求して完成したFXバカ息子さん監修の インジケーターがあります。

 

チャートに張り付かなくても、 トレードチャンスが出現する前の段階で、 スタンバイサインが発生し、それと同時にアラートとメール通知で 教えてくれるという優れモノです。

 

 

 

 

あなたは、アラートがなったらチャートを見て、

次のエントリーサインを待つだけです。

 

エントリーしたら次の決済サインで、 決済。

 

あまりに簡単なそのインジケーター、 名前は、『ゆるスキャDX』と言います。

 

”ゆる~い”スキャルピング を実現するインジケーターだからのネーミングだと言います。

 

こんなに簡単なトレードなのに、 1回のトレードにかかる時間も、 10~30分という非常に短期のトレードとなっています。

 

もしあなたが、 なかなかFXで稼げないと悩まれているなら・・、 利益を伸ばすのがドキドキしてなかなか苦手なんです・・。 という方にも非常にお勧めのインジケーターです。

 

以下、そのサインの精度も動画で公開されていますので、 是非ご覧になってみてください。