参院選後のテレビ番組で相場が大きく動くか?

 


★月間200%の収益。32ヶ月連続増益を続けた投資法が、中身を無料で公開中!  ネット販売される投資教材も「立ち読み」してから買う時代です。

 

【NIKKEI着々225】

>> NIKKEI着々225で相場に乗り遅れるな

 

システムに勝ちたい。アルゴリズムに負けるものか。  あくまで裁量トレードで一流を目指す「気骨ある」トレーダーへ。   常勝トレーダーが自身のロジックのすべてを定数化、ルール化しました。

 


 

 

今回参院選後に減税に注目が浴びています。

 

「投資減税」と「法人税減税」を公約に掲げる自民党の参院選での趨勢を 固唾を飲んで見守っている個人投資家の方も多いことと思います。

 

そもそも日本の法人税率は世界的に見ても1、2位を争うほど高いものです。

 

シンガポールの17%は別格としても、25%前後の中国や韓国に比べても異常に高いですね。

 

成田空港のアクセスの悪さ、近隣諸国への直行便の少なさと併せて、 国際企業のアジアブランチが日本から退避する原因にもなっていました。。

 

身近な例だと、 アンコールワットで有名なカンボジア。 長く内戦が続き世界の最貧国のひとつとなっていましたが、 現在のASEANへの投資熱はカンボジアにも及び、近年経済発展が著しい国です。

 

その首都、プノンペン。 そしてアンコールワットがあるシェムリアップ。

 

この2つの都市にも日本からは直行便はありませんが、 韓国の仁仙(インチョン)国際空港からは定期便が飛んでいます。

 

成田空港の整備の遅れについては、政治思想がからむ障壁がありましたが、 いまさらそこをほじくりだしても仕方がありませんね。

 

石原前東京都知事の旗振りで羽田空港の再国際化が実現し、 世界最大のメガロポリス、東京の真ん中に国際空港が帰って来ました。

 

4本の滑走路を持ちながらも国内線の運用で発着枠が限界にある状態で まだ国際便の就航数は少ないものです。

 

しかし、5本目の滑走路の建設も討論されているようですね。

 

東京の、そして日本の国際競争力の向上が必要だと考える政治家も 少なくありません。

 

「日本を取り戻す」のスローガンで昨年12月の衆議院選で圧勝した自民党。

 

今回の参院選では 「日本が動き出した」のスローガンがどこまで国民に響くのか、 日曜日の開票速報が待ち遠しいですね。

 

少子高齢化、積み重なる国の借金、そして地盤沈下してゆく日本経済・・・。

 

日本と、そして自身の未来に希望を失いかけていた時代に、 アベノミクスに最後の期待を寄せる方も多いのでしょう。

 

 

 


★機関投資家に勝つためには「押し戻しを指値で待ってエントリー」。  高速の成行発注を繰り返すアルゴリズムに勝つには、これしかありません。

 

【NIKKEI着々225】

→ >> http://tt225.info/index.html

 

※ただいま、280ページのサンブル版公開中、ぜひ中身をご確認ください。


 

 

1993年、自民党から日本新党などの連立による政権交代。

 

2009年、自民党から民主党への政権交代。

 

いずれの政権交代もテレビを中心としたマスメディアが 「風」を起こしたといわれています。

 

 

 

今回の参院選の公示前にひとつの事件がありました。

 

TBS系列が6月26日に放送した「NEWS23」において、国会最終日をめぐる動 きの報道の中で、公平公正を欠く部分があるとして、自民党がTBSに対して 党役員の出演や取材に関して一時停止を通告したというものです。

 

その後、この取材拒否は回避されましたが、7月6日のTBS系列の 「情報7days ニュースキャスター」においては、アベノミクス効果によって 企業の夏のボーナスが増額。高級ビアガーデンやクルーズ船も活況と、 景気回復を印象づける報道がなされました。

 

果たして自民党とTBSの間ではどのようなやりとりがあったのでしょう・・。

 

衆院選での開票速報特番では、テレビ東京系列で司会を務めた池上彰氏が 自民圧勝をやや憮然とした表情で伝えていたこともネット上では話題になりましたが。

 

なお、視聴率低迷にあえぐフジテレビでは、 人気女子アナのカトパンこと加藤綾子アナウンサーが司会陣の一人となるそう です。

 

女子アナ人気にすがるあたり、フジテレビらしいですね。

 

あなたはどの党に一票を投じましたか?

 

アベノミクス第二幕?

 

それとも材料出尽くし?

 

選挙後の相場が楽しみですね。

 


★ファンダメンタルズを「予知」することはできません。   しかし、目の前にあるチャート。これは今、起きている現実です。    ローソク足から次の一手を読む。個人投資家の最良の選択です。

 

【NIKKEI着々225】

→ >> http://tt225.info/index.html

 

※ただいま、280ページのサンブル版公開中、ぜひ中身をご確認ください。


 

 

さて、相場が騰がることだけが投資で儲けることではないことは 皆さんご存知でしょう。

 

株の世界では「空売り」であれば、下落相場でも儲けることができますね。

 

ただ、「株式投資」の本来の目的は企業に投資をする。 そして企業の将来の価値に投資することにあります。

 

「空売り」に抵抗を感じている個人投資家の方もいらっしゃるでしょう。

 

では、「先物」はどうでしょう。

 

「商品先物」のルーツには諸説ありますが、 1730年、大阪堂島の帳合米制度が商品先物取引の始まりであったとする説があります。

 

米の作柄によりコメ価格は変動しますが、 当時の日本人はヘッジ(リスク回避)機能としての先物取引の重要性に気付き、 ほぼ現在の商品先物取引制度と変わらぬ制度を築いていたものです。

 

「空売りで儲ける仕組み」も、相場においては「神の見えざる手」に役だって いるのです。

 

何事にも完ぺきを追求する日本人の気質は、相場の世界においても ローソク足や一目均衡表という世界に誇れる発明を行ってきました。

 

そして近年、そんな日本人の几帳面さに合う投資法がネットでも話題になって います。

 

その名は「着々225」。

 

日経225先物の投資手法です。

 

先にお話したとおり先物の世界では「売りから入る」ことも大事な選択肢です。

 

「売り」も「買い」も同じ目線で分析できる。

 

そして何より馴染みのある「日経平均」の上げ下げを考える。

 

株式投資家にとっても場中に日経225先物でデイトレードを行うことによって 少額の元本の割に大きな利益を手にする可能性は多いにあるものです。

 

今回、ご紹介する「着々225」の優れた点は、「厳格なルール」にあります。

 

テクニカル分析による投資に「聖杯」はないことは、皆さんお気づきでしょう。

 

また、デイトレードの世界においては、 証券市場が高速発注に対応するシステムを導入したことで 機関投資家による大量の高速発注が可能になり、 個人投資家ではかつてのデイトレブームのような成果に繋がりにくくなっています。

 

しかし、MACDやストキャスティクスなどのテクニカル指標に重点をおかず ローソク足の値動きから「常に押し戻しを指値で拾う」ことによって、 着実に利益を重ねていくというのがこの「着々225」の特徴となります。

 

 

 

「このへんは裁量で判断してください」という曖昧さは一切なし。

 

日経225先物ミニにおける最小の呼び値の刻みである「5円」の値動きさえ 曖昧にしていません。

 

要はエントリーで5円、エグジットで5円でも有利なトレードを行うことを 疎かにしていては、デイトレードでは勝てないということなのです。

 

このロジックの厳格さ、そしてあらゆる場面を想定して緻密に組み立てられて いるということは、購入前に確認できます。

 

この「着々225」の面白い点は、購入前に内容のほとんどを確認できるとい うものなのです。

 

このようなネット上で販売されている投資手法のほとんどは書店と違い 購入するまで中身を知ることはできません。

 

しかし、「着々225」については、まずあなた自身の目で、 中身を確認してみてください。

 

 

 

こちらのページの中段に、メルマガ登録枠があります。

 

こちらにメールアドレスを入力して送信すると、280ページものサンプル版を 受け取ることができます。

 

 

投資手法の概要はほぼ確認できるでしょう。

 

 

また、8つあるエントリールールのうち、2つは公開されています。

 

その2つを知るだけでも価値あるサンプル版です。

 

毎月、日経225先物で800~2000円の値幅を獲り続けている現役の常勝トレーダ ーが監修しています。

 

元手の資金を月に2倍以上にできる実力の持ち主です。

 

また、「着々225」の購入者には、 この監修者が執筆したPDF6枚以上のレポートを1ヶ月間、毎日配信しています。

 

監修者のトレーダーの記録。

 

そして毎日のように相場から得られる気付きにより、 ロジック自体が日々進化を続けています。

 

一般の書籍はもちろん、インターネットで買った投資マニュアルでも 「売りっぱなし」が当たり前です。

 

しかし、毎日の相場をもとに最新の教材が届き続けるという点において、 極めて良心的といえるでしょう。

 

29,800円という価格は、書籍として考えれば高いと感じるかもしれません。

 

しかし、400ページという本編。

 

購入後、20営業日にわたり進化し続けるロジック。

 

さらには販売者、監修者による手厚いサポート。

 

株式投資や日経225先物投資ではわずかなミスが簡単に 数万円の損失に繋がります。

 

少なくとも、投資における損切りを一度でも回避すことができれば、 十分に元が取れる金額ですし、投資家として、 一生の財産ともいうべき知識の修得に、投資を惜しむべきではないでしょう。

 

まさに「自分への価値ある投資」が、この「着々225」といえます。 最後に、もう一度販売ページをご確認ください。

→ >> NIKKEI着々225の販売ページ詳細はこちら

 

甘い言葉でささやくことのない、真剣さが伝わる商品です。

 

 

 

最近、六本木の街が活況です。 確かに景気の先高感で財布の紐が緩んでいるのは事実でしょう。 とくに、深夜のバーではいかにも「外資系金融エリート」という 風情の外国人を見かけます。

 

昨年、12月の衆議院選挙での自民党大勝以来、このような外資系金融マンが 目に見えて増えました。

 

例えば、スラックスを細身のサスペンダーで止めていたり。 彼らは「エリートらしく」見えることにも気を使いますね。

 

おおむね、厚い胸板でシェイプアップされています。

 

彼らは日本に来ていても忙しい仕事の合間にジムでのエクササイズを欠かしません。

 

知り合いのバイリンガルのトレーナーが六本木のジムで英語圏の会員相手の パーソナルトレーナーをしているのですが、 アベノミクスで寝る間もないほど忙しいのだとか。

 

リーマン・ショック以来、潮が引いたよに去っていった金融マンが 日本に押しかけているそうで、 「このトレンドはこのまま続くよ」と楽観的らしいですね。

 

もちろん、どのような上昇相場にも調整期間は存在します。 空売りするための銘柄を探すより、手っ取り早く「日経平均」を売る。 そのようなヘッジのためにも、日経225先物は修得しておくべきでしょう。 お勧めですよ。

→ >> NIKKEI着々225の日経225先物は修得