最大利益を生み出す日経225『バランストレード』のルール?

>> 最大利益を生み出すルールはこちらをクリック

 

 

日経225先物という言葉を聞くと身構えていませんか?

株式とか?日経225先物と聞くとプロのトレーダーの仕事思って、

「何となく敷居が高い」、「素人が手を出しても失敗する」、

「とにかくハイリスク」、「中身を知り尽くした投資家しか勝てない」といった。

イメージ的にマイナス要素を思い浮かべる投資家の方が大半ではないでしょうか?

実際、先物取引全般においては、確かにこうしたイメージを 払拭することはできません。

 

それも事実かもしれませんが、日経225を行う上である法則を知ることで 見方は変わってきます。

日経2525はシンプルな取引ですが、ルールが必要です。

そのルールがわかると最大限の利益を生み出すことができます。

 

山本伸一さんが証券ディーラーとして第一線で活動していたときも同様でしたが、

『日経225先物』は超高額の資金を運用するディーラーからは根強い人気のある投資商品です。

 

その大きな理由は、

  1. 1.予測不能な乱高下が極めて少ないこと
  2. 2.安定した資金運用が容易なため、100億規模の大口運用に向いている。
  3. 3.先物だけでなく、現物株と連動させてのW収益効果が高く期待できる。

 

証券ディーラーの山本伸一さんの【日経225ライド・ザ・トレンド】~ プロのアプローチを武器に利益を生む“波”に乗れ。 最大利益を生み出す『新規注文・利益確定・損切り』のルール。 「プロの戦略」を完全マスターすることで負け知らずに勝ち続けるその方法と 感想や評価などをわかりやすくお得な情報として紹介してます。

→ >> 日経225ライド・ザ・トレンドの詳細はこちらをクリック

 

 

 

『投資家にとって最高の商品』とは何か気になりませんか?

初心者やプロの証券マンやプロのトレーダー問わず、 投資の世界で〝勝って”長い間生き抜いていくには、 何が必要だと思いますか? それは「儲けること」!当然ですよね。

 

では、あなたは”儲け”以外に投資の世界で何を求めていますか? 「専属の投資家として生涯生きていく」ということは、山あり谷あり と決して簡単なことではありません。 経済不況とは言え、いかなる時代においても、ギャンブル的なことではなく 常に収益を上げ続けなければならないのです。 だからこそ、儲け続けるためには息抜きではなく「ラクすること」が必要なのです。 そこでキーワードとしてででくるのが「日経225先物」なのです。

 

そのキーワードの理由は4つあります。

  1. 1.銘柄選択が不要だから現物株より簡単にできる
  2. 2.市場が暴落しても儲かるチャンスが多くあること
  3. 3.少ない証拠金、6万円〜10万円でも十分巨大収益を狙われる
  4. 4.トレンドを追いかけるだけで大きな見返るを得ること

→ >> ラクして儲ける方法の詳細はこちらをクリック

 

 

ラクして儲ける方が誰だっていいに決まっていますが、 そうは世の中は甘くはないです。儲かると言ってもシステムが複雑だったり、 トレード手法が複雑では初心者はついていくことは難しいです。 トレード方法は簡単でしかも、儲かる方がいいに決まっています。 ラクして稼げるためには、それは一般の個人投資家だけでなく、 日々膨大な資金を運用するプロディーラーにとっても同様。

むしろ投資に限った話ではないのです。他にもいろいろあります。

「日経225先物」はラクして稼げるとしてプロも絶賛の理想の投資商品!

 

現在、トレード手法としては個人の裁量で行う「裁量トレード」と、 裁量を一切排除し、システムに従った「システムトレード」の 2つに大別されています。システムトレードには「安定性」 という長所があるものの、運用に足るシステムを構築するためには 膨大な時間とデータ量が必要になるのが最大の欠点です。

 

もう一方の裁量トレードは、知識と経験をもとに投資決定を行います。 経験に裏打ちされた「技術」がベースとなりますから、 経験があるほど有利となり、そうなると初心者には裁量トレードは 難しいという結論になってしまいます。

では、プロの証券ディーラーはどのような手法でトレードを行っているのでしょう?

それは、「システム」でも「裁量」でもない、

いかなるトレンドにも対応できる 「バランストレード」です!

それは、システムトレードと裁量トレード双方の欠点を補いつつ、

シストレの長所と裁量トレードの長所を”いいとこ取り”するトレード法

→ >> バランストレードの詳細はこちらをクリック