一日平均1~3回のトレードを淡々とこなしただけで

はじめの1ヶ月から20日で18万80円の利益を獲得!

 

 

 

他人に稼がせる才能を持った「システム」について、

 

今日は特別なお知らせがあります。

 

赤の他人に稼がせるという才能を持った人…

ではなく、「システム」が公開になりました。

 

このシステムは自動で利益を出せるポイントを 知らせてくれるということだけではなく、 使用者本人の「稼ぐ力」をも引き出してくれるものです。

 

その理由として、「サインツール」+「簡単なルール」で

構成されている点が挙げられます。

 

多額のお金を、裏でひっそりと運用し続けてきた男「須藤一寿」の 『超難しい完全裁量』を「サインツール」と「簡単ルール」に 分けることによって完全再現しています。

 

これにより、ムズカシイ部分は「サインツール」が、 カンタンな部分には「ルール」を適用することで “柔軟性”の持ったトレードが出来るようになっています。

 

今までのツールなら、「渡してハイ、終わり」でしたが、 他社では絶対にしない「ロジックの完全公開」もしています。

 

須藤氏のトレードを理解して使いこなすには、 「すべてをさらけ出す」必要があり、それによって 全体の投資能力の底上げできれば、なお良いという判断の下だそうです。

 

何もわからずサイン通りにエントリーすれば勝てるという状況から、 ロジックを理解することで、自らが率先して利益につながる行動が とれるようになります。

 

ここまで本気で購入者のことを考えて作っていたものは、 はたしてあったでしょうか?

 

これは一度チェックしてみる必要がありそうです。

 

サポートに関しても、かなり力を入れているみたいで、 スタッフ全員が投資の専門知識を学んだうえでのサポートということです。

 

実は有名な会社のある教材もサポートしていたとか…。

 

なんにしても、頼れるシステム教材と、 頼れるサポートスタッフがいてくれれば、 不安は全然感じることはないでしょうね。

→ >> 相場の中に「ある決まったローソク足のパターン」

 

 

 

 

サインツールを使って初心者にも分かりやすい単純明快なルール

 

FX歴5日のドシロウトが6ヶ月で122万5960円稼いだ「システム」

 

須藤一寿さんは7年前からFXをはじめました。

 

当初は連続で大負けしていたのですが、 可能性を捨てきれなかった私は“ある判断”をしたのです。

 

それは、一度今まで勉強してきたすべての書物や知識を捨て、 チャートに使用していたインディケータも“すべて”削除するということでした。

 

そうすることで「まっしろな白紙状態」から 再スタートし、再起を図りました。

 

そこから3か月、大変でありましたが 「あるきまったローソク足のパターン」が あることに気付きました。

 

それから2年後には私独自の「ローソク足理論」が完成し、 今でもその収益で生活をしています。

 

 

もともと私は派手な感じではないので、 こういったところへ出てくるということは苦手なのですが、 今回ForexAgentさんからの熱い申し出を断りきれず、 教材を共同で作成することにしました。

 

 

しかし、はっきりいって私のこの理論は「とても難しい」のです。 自分でも推測を確信に持っていくまで2年の歳月がかかったモノです。

 

誰にでも簡単になんて無理があると何度も言ったのですが、 彼らは積極的に意見を出してくれ、、無理だと思っていた 私の「ローソク足理論」を「サインツール」と 「カンタンなルール」でまとめ上げてしまいました。

 

そこから形にするまでForexさんも私も必死でやり、 その結果、どこに出しても恥ずかしくない、 『最高傑作』として完成しました。

 

もしあなたが今、FXに興味があるとしたら

FXで勝ちたいと思っているのなら…。

 

今まで学んだすべての知識を捨ててでも、

この「ローソク足理論」を学んでください。

 

手に取っていただければ、 確実にその価値が理解できるはずです。

 

サポートもかなり力を入れていますし、 難しい質問が来たとしても私が動画を使っての回答もします。

 

初期段階で躓いたとしてもしっかりとサポートを していただける体制をForexさんにもしっかりと お願いしていますので、ぜひ、目を通していただきたいと思います。 ありがとうございました。

>> ローソク足に特化で「ローソク足理論」で見極める

 

 

 

 

 

このサイトは、須藤一寿さんの相場の中にある決まったローソク足のパターンとシステム化!キャンドルマイスターFXの安全で健全な資産運用を実現するために開発されたハイブリッドサインシステムの効果や検証などの情報を公開しています。